ビザカードでキャッシングする方法は?金利や返済の方法はどんな感じ?

MENU

ビザカードでキャッシングする方法!金利や返済方法は?

 

ビザカードでキャッシングより

大手カードローンのが早く借りれる

↓ ↓ ↓ ↓

 

クレジットカードにはキャッシング機能を付帯させることができ、このキャッシング機能を使えばショッピング時だけでなくお金を借りるときにもクレカを使用することが出来るようになります。

 

三井住友VISAカードなどクレジットカードとして高い人気を誇るビザカードももちろんキャッシング機能を付帯させることが出来ます。

 

例えば急に結婚式に招待されたけど手元にお金がないからご祝儀を用意できない、公共料金やカードの請求額が多く残高が足りなくて口座引落が出来ないといった時でもビザカードのキャッシング機能を使えばお金を一時的に用立てることが可能です。

 

給料日前にお金が足りなくなるという方も多いかと思いますが、給料日までのしのぎとしてもビザカードのキャッシング機能は非常に便利です。

 

 

ただ、ビザカードでは便利ではあるのですがデメリットもあり、それがショッピングに比べ金利が高くなる点です。

 

クレジットカードは主にショッピング利用を目的としたサービスであり、キャッシング機能はサブ的なものです。

 

ですから、ビザカードでお金を借りることをメインとする使いかたには正直向いていないということを理解しておきましょう。

 

 

ビザカードやクレジットカードのキャッシングはカードローン同様に無担保で利用することが出来ます。

 

保証人を立てる必要もありませんので気軽に利用できるのが嬉しいところですが、誰でも簡単にビザカードでキャッシング枠を設けてもらえるわけではありません。

 

ビザカード側によって審査が行われ、限度額や金利が決定され、信用力がないと判断されればビザカードのキャッシング枠を付帯されずに終わってしまいます。

 

VISAカードのショッピング枠とキャッシング枠は基本的に別々に設定されます。

 

これはビザカードに限った話ではなく、クレジットカードはそれぞれに利用枠を別々に設けています。

 

例えばショッピングの利用可能額は40万円で、キャッシングは10万円までといったようにです。

 

基本的にキャッシング枠はショッピング枠よりも低く設定されます。

 

中にはショッピング枠内にキャッシング枠が含まれるクレジットカードもあります。

 

例えばショッピング枠40万円でその内キャッシング枠は10万円だとすると、ショッピングで35万円分利用していればキャッシング枠での借入可能額は5万円までということになります。

 

VISAカードでキャッシングするにはATMを使用します。

 

ビザカード提携金融機関や会社、コンビニのATMにて暗証番号を入力することで希望する金額を借りる事が出来ます。

 

ATMでビザカード利用時には手数料が発生し、月々の支払日に利用代金と併せて請求されます。

 

 

ビザカードでキャッシング枠を付けるには審査がある?

 

ビザカードでキャッシング枠を付帯するには審査があり、これはショッピング枠とは別になります。

 

信用情報に問題がなくても支払い能力が低いと評価されれば、キャッシング枠は付帯されないこともります。

 

つまりビザカード自体は作れてもショッピングにしか利用できないということになるかもしれないということです。

 

 

ビザカードにキャッシング枠を付帯してもらうための審査では収入と他社借入状況、そして信用情報がチェックされます。

 

収入は月収制で見るか年収制で見るかはビザカード会社によって異なります。

 

以前までは月収制の方が審査は有利と言われていましたが、年収制するビザカード会社も増えてきていますので、パートやアルバイトなど正規雇用でない方でもキャッシング枠を付帯させることはそれほど難しいものではなくなりました。

 

いずれにしても収入面で大事なことは安定性があるかどうかです。

 

月収制でも年収制であっても月ごと年度ごとに収入に波があるような方は安定していないと見られ、返済能力が低いと判断されてしまいます。

 

ですから収入額自体が少なくても安定的であれば、ビザカードでキャッシング枠を設けてもらえる可能性は十分にあるというわけです。

 

例えば、先月の収入は50万円でも今月は10万円という方よりも、先月も今月もほぼ15万円という方のほうが、ビザカードの審査には通過しやすいです。

 

 

借入状況は他社の借入も含めてチェックされます。法律に寄って個人の借り入れはh所得の3分の1以下までとされており、これを超えての借入は認められません。

 

この規制を総量規制と言い、消費者金融だけでなくビザカードなどの信販会社からの借入も対象となります。

 

例えば年収300万円の方であれば借入限度額は100万円が上限となり、既にカードローンなどで100万円ギリギリまで借り入れている場合はビザカードにキャッシング枠を付帯させることは出来ません。

 

信用情報とはローンやクレジットの利用履歴のことを言い、ビザカードなどのキャッシング審査ではかなり重要な部分と言えます。

 

収入に見合った借入ができているか、期日通りに返済が出来ているかを重点的にチェクします。

 

特に返済履歴は非常に厳しくチェックし、一度でも返済遅れがあると審査通過は難しくなると言われています。

 

そうなればキャッシング枠が付帯されないどころかビザカード自体を作ることが難しいといえます。

 

 

キャッシング枠はビザカード申込時だけでなく発行後でも付帯させることが出来ます。

 

ですから、後からビザカードでキャッシング枠が必要となった場合でも、審査受けてクリアすればビザカードでお金を借りる事が可能になります。

 

 

ビザカードでキャッシングする際の金利や利息は?

 

既にお話した通り、ビザカードのキャッシングはショッピングよりも金利が高くなります。

 

ビザカードのキャッシング枠はサブ的なものですから借入には正直向いていません。

 

しかもビザカードのショッピングは一括払いすれば利息は一切つきませんが、キャッシングの場合は翌月に一括返済しても利息は必ずかかります。

 

例えば10万円を金利15%で借りた場合、1ヶ月後の返済には1233円の利息と10万円を併せて支払いしなければいけません。

 

利息手数料は日数で加算されますので、利息を少しでも減らしたい場合は早めに返済するのが良いです。

 

ビザカードのキャッシングの金利は年15.00%〜18.00%と非常に高いです。

 

最近はビザカードのキャッシング枠の返済は分割も可能となっていますが、支払期間が長くなるほど利息負担額は大きくなります。

 

例えば、年18%で20万円借り入れしたとして毎月1万円ずつ返済していくとなると総支払額は何と23万円以上にもなるのです。

 

ビザカードのキャッシング枠で20万円借りるのに3万円もの手数料がかかる計算になります。

 

 

ビザカードでキャッシングする時の返済方法は?

 

ビザカードのショッピングの返済方法は一括払いとリボ払いそれに分割払いを選択することが出来ます。

 

ビザカードでキャッシング時の返済方法はと言いますと一括払いとリボ払いのいずれかを選ぶことが出来ます。

 

 

一括払いとは、その名の通り借り入れたお金を翌月に一括で全て返済するものです。

 

ビザカードのショッピングの場合ですと一括で返済した場合は利息が一切かかりませんが、キャッシングの場合は一括返済でも利息を支払わなければいけません。

 

一括払いのメリットとも言える利息負担無しが、キャッシングにはないのです。

 

もちろん一括で返済するので返済期間はそれだけ短くなりますから、利息をある程度抑えることは出来ますが、ビザカードのショッピングほど旨味は無いと言えます。

 

デメリットは負担が大きくなることでしょう。

 

計画的にビザカードで借り入れしないと一括で返すのが難しくなります。

 

 

リボ払いとは利用残高に応じて毎月一定額を支払う返済方法です。

 

毎月同じ金額を分割で払っていくので計画的に返済できる上に、月々の支払額も少額となるので負担が少ないというメリットが有ります。

 

「大きな出費でやむを得ず借りなければいけないけど一括で返済するのは難しい」という時には非常にありがたい返済方法と言えます。

 

但し、毎月利息を支払わなければいけませんので一括返済に比べ総支払額が多くなるというデメリットが有ります。

 

例えば、金利18%で30000円を借りた場合、一括返済だと総支払額は30458円ですが
リボ払いで月々3000円ずつ返済した場合の総支払額は32752円と
2000円以上も多く利息を支払わなければいけないのです。

 

もちろん無理なく返済していくのが1番ですが、あまりにも長期に渡ってしまうとそれだけ利息を多く払うことになりますので
注意しなければいけ無いということは頭に入れておきましょう。

 

 

返済の仕方は各ビザカード会社によって異なり毎月指定口座からの引き落としになるところが多いですが、コンビニや銀行ATMを使用して返済できるビザカードもあります。

 

例えば三井住友VISAカードは10日もしくは26日口座引落となり、ATMからも返済することが可能です。

 

既にお話しましたが、キャッシングで借り入れた場合の利息は日割りで追加されていきます。

 

ですから少しでも利息を少なくしたい場合は口座引落よりもATMで随時返済できるカードのほうが便利といえます。

 

 

例えば毎月の口座引き落とし日が10日で返済額が確定する締め日が15日とした場合、締め日である15日にキャッシングすると翌月の10日に引き落としとなります。

 

この場合は利用日数が25日ですから当然利息は25日分を支払うこととなります。

 

しかし16日にビザカードでキャッシングすると次の締め日まで30日間あり更に口座引落日まで25日間もあり55日間分の利息を支払うことになってしまうのです。

 

ATM返済が出来れば何時でも返済できますが、口座引落の場合は返済日が決まっておりその分の利息を嫌でも支払わなければいけなくなります。

 

返済方法を重視する方は意外と少なく見落とされがちな部分ですが、利息を少しでも減らしたいのであれば絶対に見落としてはいけない部分であるということを決して忘れないでいただきたいです。